してはいけない!クレジットカードの支払い滞納

クレジットカードの滞納の履歴があれば、新しくクレジットカードを作ることができる可能性がかなり減ってしまうでしょう。もちろん一度ぐらいの延滞ということであれば、個人信用情報に載ってしまうということはないかもしれません。しかし、何度も滞納を繰り返しているということになると、そのクレジットカードが強制解約となってしまったり、更新拒否となってしまったりする可能性が高くなります。

もちろん更新拒否、強制退会は個人信用情報に載ることは間違いありません。こういった履歴は少なくとも5年、金額や延滞のケースによっては7年といった程度の記録が残されるといわれています。では、5年待ったらクレジットカードを作れるのかと言えばそう簡単にはいきません。

クレジットカード会社自体も延滞の記録を残しており、強制退会などになった場合は何年たってもクレジットカードを再度作ることはできないともいわれています。さらに、そのクレジットカード会社だけでなく、系列の会社もすべてその情報が共有されることもあります。クレジットカードを発行している信販会社は、銀行のカードローンなどの保証会社をしていることがほとんどです。そうなると、その銀行のカードローンを作りたいと思っても、審査になんらかの影響が出てしまう場合があります。

とにかく延滞しないように、支払日には充分に注意をしておきましょう。また、入金忘れや、お金を用意できないというときには、一刻も早く連絡を入れたほうが良いのです。いつまでに振込で入金できます、といったようにその計画をきちんと伝えるようにしましょう。
クレジットカード即日発行マニュアル|即日クレカの選び方4項目はこちら

Article by Ramirez

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.